はじめに

仕事で疲れた夜


珈琲の芳醇な香りと味を楽しみながら


ゆっくりとした大人の時間をご自宅でも過ごしてみませんか?


珈琲は他の飲み物とは違い


私たちに安らぎ、癒し、幸福感を与えてくれます


そんな珈琲を喫茶店だけでなく


家庭でも気軽に味わいたい...
posted by 経理マン at 00:00 | その他

コーヒーがディーゼル燃料に!

台湾の皮膚科医学会が実施したオフィスで働く女性を対象にした調査で、窓越しに紫外線を浴び続けた皮膚は、そうでない皮膚と比べ、シワの数が2倍以上であることが分かったそうです。
原因は紫外線。 やっぱり窓際で紫外線を知らず知らずに浴びているとシワの原因になってしまうようです。
だからって深夜 アルバイトが良いというわけではありません。

調査はオフィスで働く女性320人を対象に実施。紫外線対策を全く行っていない人は2割もいたそうです。
窓からの紫外線を浴び続けた顔半分とそうでない半分とを比べると、紫外線を浴びていた方の肌はきめが2倍も粗く、シワの数も2.6倍に上っていた。最も顕著だったのはシミの数で3.9倍だったそうです。
こんなときはUVケアはもちろん日々の食生活も注意!やずや 十六雑穀がおすすめ。

シワだけでなく、シミの原因にも。 オフィスで窓際の人はご注意を!!
posted by 経理マン at 00:16 | コーヒー知識

コーヒーは便秘になる?

コーヒーは便秘になるといううわさがありますが、まったくの誤解です。
この誤解を生んだ犯人はタンニンという成分。収斂(しゅうれん)作用を持っており、大量に摂取すると便秘を起こすとされる。
その証拠に、下痢止めとして古くから用いられてきた植物「ゲンノショウコ」の葉には、タンニンが20%と豊富に含まれている。
だが、コーヒーに含まれているのは、じつはタンニンそのものではなく、クロロゲン酸という成分。ポリフェノールの一種で、たしかにタンニンとよく似たはたらきをするが、コーヒーには4〜5%と少ししか含まれていない。
しかも焙煎すると、その多くが分解されてしまう。したがって、よほどがぶ飲みでもしない限り、便秘の心配はありません。
逆に朝のコーヒーなしではもよわさないという人もまでいるくらいです、
便秘でお困りなら、やずや 十六雑穀なら食物繊維もほうふなのでお勧めです。
やずや 無料サンプルもあるので、ぜひ試してみましょう!!
posted by 経理マン at 00:01 | コーヒー知識

コーヒーと水の関係

コーヒーは抽出した場合、その99%以上は水となる。

なのでおいしいコーヒーを楽しむためには、おいしい水が必須である...というのは当然ですね。

ただ、コーヒーを抽出する際、コーヒーの粉の層が濾過作用を働くため、さらに水の成分は抽出と同時により浄化されるので、さほど重要ではないという意見もあります。

水道水でもおいしいコーヒーは作れます。

ただ、水道水はコーヒーの抽出に敬遠されます。

それはどうしてもカルキや塩素などの成分が含まれるからです。
しかしこれら成分は、沸騰してからすぐに火をきるのではなく、やかんの蓋をとって約5分ほど煮沸させることで、ほぼ100%焼却されます。

と考えるとコーヒーをいれる際は水よりもコーヒー豆などの方が重要のような気がします。
貿易事務 派遣をしているとおいしいコーヒー飲みたくなるんですよね。h
posted by 経理マン at 23:21 | コーヒー知識

インスタントコーヒーはアメリカ生まれ

個人的にも毎日飲んでいるインスタントコーヒー。

たしかにインスタントコーヒーはアメリカで生まれたんだそうです。

しかし、そもそもの生みの親は、なんと日本人なのだそうです。
発明者はシカゴ在住の日本人科学者・加藤サトリ。1899年、彼はコーヒーを真空乾燥させ、粉状にする方法を考案した。

この発明は1901年の全米博覧会でいっきに広がることになり、第2次世界大戦では軍用飲料として飲まれるようになったそうです。

インスタントコーヒーが誕生してもう100年以上も経つんですね。

缶コーヒーも日本人が考えたんですよね。
ヘキサゴンの歌でも「インスタントラーメン、缶コーヒーみんなは日本人が考えた♪」とありますからね。



FX キャンペーン
posted by 経理マン at 05:53 | コーヒー知識

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。